弔辞

お悔やみの言葉を必ず添えるのはどうして?

お悔みの言葉はその言葉で故人への冥福を心から祈り、遺族の方へ慰めの言葉として伝えるものです。
通夜や葬儀で思い出話などできませんし、慰めるような言葉も禁句です。
言えるのは心からのお悔みの言葉だけであると言ってもいいでしょう。

「このたびはご愁傷様でございます。心からお悔やみを申し上げます」と簡潔に伝えることで、遺族に負担をかけることはありません。
自分も辛いですが、遺族の方は心も身体も悲しみでいっぱいです。
おそらく通夜や葬儀の時には忙しさで紛らわせている状態で、お悔みの言葉にも反射的に頭を下げて挨拶を返してくれているだけに過ぎません。

そんな時には親しい間柄でしたら、お手伝いを申し出ましょう。
また親しく話せる位置にいっても余計な話はしないようにしましょう。

言葉としては忌み言葉のような重ね言葉は使わないようにしてください。
「重ね重ね(かさねがさね)」「重ねる」「返す返す(かえすがえす)」「たびたび」「再び」「また」「追って」などといった不幸が続くことを嫌い、言葉遣いに気を付けなければいけません。

さらに話題にしてはいけないのは故人の死因です。
親族などに直接聞いてはいけません。
また思い出話もするには傷が深すぎるはずですので、相手が話したら合わせるくらいで、話を大きく膨らませるのは早急です。

手伝いを申し出て受け入れられるほどに近い存在であるのならば、貴方は自分が親族の側にいることで、相手の方が辛いのだから自分が…と思い込んでしまうことがあります。
手伝いをしながら心の中で言いたいことは言えますか。
言葉として出せるのはお悔みの言葉だけですが、その言葉を遺族だけでなく、故人にもきちんと言えるようになることこそが、貴方にとっても故人にとっても遺族にとっても大切なことです。

簡潔な言葉にどれだけの気持ちがこもっているのか、お悔みの言葉はただ言えばいい言葉ではなく、故人に対しての気持ちの表れでもあるのです。

このページの先頭へ